動画配信サイトのサービス比較-DOLBY、フルHD、4K対応-

動画配信

最近のテレビには普通に動画配信サービスを受ける機能がついており、動画配信サービスの認知度が高くなっています。

今までは画質に不安を感じていた方も、これだけ普及してくるとホームシアターに導入できるのかな?と思われているんじゃないでしょうか。

こちらの記事でもホームシアターでの動画配信について触れています。

今回は、HDや4K、DOLBY(5.1ch)に対応しているかを中心に動画配信サービスのサイトを比較したいと思います。いくつかのサービスはフルHDやDOLBYに未対応なので、コンテンツ数や価格だけで選ぶと後悔しますよ。

普通のテレビやスマホだと、そこまで神経質になる必要はありません。記事の最後にオススメの配信サービスを紹介しています。

動画配信サービスの概要

知名度が上がっているのでさらっと説明します。

従来の映像コンテンツといえば、テレビ放送やDVD、Blu-rayなどでしたが、インターネット回線を利用した「動画配信サービス」が今注目されています。

ホームシアターでは、テレビ放送だとWowowやスカパーなどの映画専門チャンネルを視聴したり、DVDやBlu-rayを購入またはレンタルで視聴している人が多いと思います。

動画配信サービスはインターネット回線を利用するので、今までは「解像度が粗い」や「映像が途切れる」など品質面に不安がありました。現在は光回線の普及と映像圧縮技術の向上で品質が安定しています。

サービス面では、以下の特徴があります。

  • 観たいときにいつでも観れる(わざわざ購入したりレンタルしなくていい、放送スケジュールを待たなくていい)
  • 定額で見放題のサービスもある
  • テレビやPC、スマホで簡単に観れる

品質が良ければ飛びつきたくなります。

ただ、動画配信サービスってたくさんあってどれが良いか迷いますよね。

動画配信サービスの比較

どの動画配信サービスやサイトがいいのか迷うので、各サービスを比較してみます。

まず下の図は映画・映像マーケティングの調査会社であるGEM Partners株式会社のSVODサービスの市場シェアの調査資料です。

出典:GEM Partners社の動画配信(VOD)市場規模の予測ページより

2019年のシェア上位(アニメ専門を除く)のサービス業者を抜き出して、各サービスの比較をしました。月額料金は2019/11/24時点(消費税増税後)で、税込価格に統一しました。

サービス名コンテンツ数タイプ月額料金(税込)画質DOLBY
dTV120,000課金あり550円HD/4K×
Hulu50,000見放題のみ1,026円フルHD×
U-NEXT150,000課金あり2,189円フルHD/4K
Amazonプライムビデオ70,000課金あり500円(年会費だと割引)フルHD/4K
Netflix非公開見放題のみSD 880円
HD1,320円
4K1,980円
フルHD/4K
ビデオパス見放題10,000
+VOD
課金あり618円HD×
TSTAYA-TV17,000課金あり1,026円HD×
iTunes112,000課金のみフルHD/4K

画質の注意点

  • HDは720p。フルHDは1080p。
  • NetflixとiTunes以外、現在ほとんど4Kコンテンツはありません。
  • 唯一Netflixの4Kは月額料金が高いので赤字。Netflixは加入していないとコンテンツ検索すらできないので、4Kの月額料金を高くしていることから4Kにきっちり対応していると推測
  • iTunesは4Kコンテンツを明示しています。

プロジェクタの大画面とサラウンドを活かすには

今回はホームシアターで観ることに限定するので、プロジェクターの大画面を活かすには画質がフルHD以上で、サラウンド効果を得るためにDOLBY対応のサービスを対象とします。上の比較表の赤字部分です。

ホームシアターに適している動画配信サービスは以下の4サービスです。

  • U-NEXT
  • Amazonプライムビデオ
  • Netflix
  • iTunes

各サービスはそれぞれ特徴があり、少し専門的な内容になるので、次の記事で特徴を紹介したいと思います。

つづきはこちら

通常のテレビやスマホで楽しむ場合は?

プロジェクターのような100インチ以上の大画面でなく、30~50インチのテレビで視聴する場合は、HD以上の画質であれば十分だと思います。

特にスマホで視聴する場合は、4Kは全く必要ないと思います。

4K対応のスマホであっても、スマホの画面サイズだと人間の目でHD、フルHD、4Kの違いをほとんど認識できないと思います。もちろん画面のある一部分だけに集中して見れば違いは分かりますが、そんな変な見方をしても映画を楽しむことはできません。

通信量を考慮すると、下手に高画質だとデータ容量をすぐに使いきってしまいます。

またサラウンドスピーカーがなければDOLBYでもステレオでも同じように聞こえます。

全てのサービスでHD以上の画質なので、通常のテレビやスマホで視聴する場合は、コンテンツの数と月額利用料金で選べば良いと思います。

オススメは以下の通りです。

いろんなサービスを楽しみたいならU-NEXT

U-NEXTは見放題作品が多いのですが、利用料金が少し高いのがネックです。

ただし、1200円相当のポイントがついてきます。ポイントを使って最新作のレンタルができるので、見放題部分は実質900円程度です。

それでも少し高めなのですが、U-NEXTは音楽配信や漫画、雑誌などもサービスに含まれています。(あと、唯一、大人の男性向けのビデオを用意している配信サービスです)

いろんなコンテンツを楽しみたい人にオススメです。

U-NEXTの31日間無料体験はこちら

見たいものだけ見るならAmazonプライムビデオ!

Amazonプライム・ビデオが月額500円、dTVが月額550円と、他社サービスの価格帯より相当安いです。

Amazonプライム・ビデオは若干、見放題コンテンツの数が少ない印象です。

有料コンテンツ自体は199円~500円程度が多く比較的安いので、見たいものだけ見る人にオススメです。毎週末にレンタル100円セールもやっています。

Amazonプライムビデオの30日間無料体験はこちら

できるだけ安く、多くの作品を楽しみたいならdTV!

dTVは12万作品が見放題です。

12万作品もあれば、わざわざ課金して有料コンテンツを見なくてもいいですね。月額550円だけで、十分に楽しめると思います。月額料金だけで安く楽しみたい人にオススメです。

NTT docomoが運営しているので、セキュリティ面やサービス面で安心できます。海外発祥の配信サービスは操作面でイマイチ日本人には使いにくい印象ですが、dTVは特にスマホで使いやすくなっています。

もちろん、docomoユーザーじゃなくても普通に使えますよ。

dTVの31日間無料体験はこちら

2020/5/24までアナ雪2やSWスカイウォーカーの夜明けのグッズがプレゼントされるキャンペーンをやってます。

コメント