スター・ウォーズの時系列年表まとめ「希望の光」から「スカイウォーカーの夜明け」まで!【10/9ディズニープラスで最新作が独占見放題配信!3/23まで各社でセール!】リアルなライトセーバーやジェダイのコスプレ衣装も!

シリーズ映画

PR新規登録で500ポイントプレゼント!
(初めて/1年間未登録の方限定)
【6/22まで】プライム会員限定4ヶ月間無料体験!

【6/25まで】エントリーはこちら

今だけ4ヶ月間無料体験はこちら

PR最大5万ポイントが当たる!

Amazonスタンプラリーはこちら


エントリーの裏技はこちら

2021/3/23まで各社配信サービスでスターウォーズ・セール開催中!
2020/10/9からスター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明けがDisney+(ディズニープラス)で見放題配信開始!サブスク独占配信!→【初月無料!】Disney+ (ディズニープラス)はこちら

1978年から始まった「スター・ウォーズ」シリーズですが、最新作「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」が2019/12/20に公開されました。

第1作から40年以上の時を経て、シリーズ完結となります。

第1作目がエピソード4と途中から始まっていたり、スピンオフ作品もいくつかあるので、時系列が良く分かっていない方もいるんじゃないでしょうか。若い世代の方だと第1作目の公開は、生まれる遥か昔ですしね(笑)。

最後に超リアルなライトセーバーと衣装も紹介しています。光り方や効果音が凄すぎます!完成度の高いコスプレ衣装と合わせると完璧です。

NEWS

詳細はこちら

スターウォーズシリーズ見放題配信中!
Disney+ (ディズニープラス)
【初月無料】Disney+ (ディズニープラス)はこちら

過去作品はどの順番で観ればいいの?

過去作品を観直す場合は、公開順でもエピソード順でも問題ありません。

全ての作品を劇場で観た方は、公開順で観てるので、公開順は普通に楽しめます。

「スター・ウォーズ」シリーズは、第1作を制作する前に、既にエピソード1~9までの脚本ができていたので、「ヒットしたから無理やり続編を作った」ような映画ではありません。

そのため、公開順ではなくエピソード1から見始めても、ストーリーが破綻することなく楽しめます。エピソード順に観ても問題ありませんよ。

エピソードの構成

公開順を基本に各エピソードは以下のように分類されます。

  • オリジナル・トリロジー(旧3部作)
  • プリクエル・トリロジー(新3部作)
  • シークエル・トリロジー(続3部作)
  • アンソロジー・シリーズ(スピンオフ作品2作)

オリジナル・トリロジー(旧3部作)

第1作目がエピソード4になっています。普通は「なんでエピソード4から??」と疑問に思いますよね。

1970年代当時はSF映画はメジャーではありませんでした。映画がヒットするとは誰も思ってなかったんです。なので、少しでもヒットするように、万人受けするエピソード4から制作を開始したようです。

プリクエル・トリロジー(新3部作)

オリジナル・トリロジーの3部作で完結していたので、しばらくスター・ウォーズは制作されませんでした。1999年に物語の始まりであるエピソード1が公開され、エピソード3まで制作されました。

プリクエル(prequel)とは、前日談, 前篇, 前編を意味します。

オリジナル・トリロジーより前の物語になります。

シークエル・トリロジー(続3部作)

エピソード1~6までが揃ったので、10年ほど制作されませんでした。

シークエル・トリロジーとして最後の3部作の制作が決まり、2015年にエピソード7である「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が公開されました。

タイトルにエピソードの文字がついていませんが、冒頭で説明した通り、当初からエピソード1~9の脚本ができていたので、正当な続編です。

シークエル(sequel)とは、後日談、続き、続編、後編を意味します。オリジナル・トリロジーより後の物語になります。

ようやく2019年12月に完結編となるエピソード9「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」が公開され、物語が完結しました。

アンソロジー・シリーズ(スピンオフ作品)

シークエル・トリロジーの制作・公開と並行して、アンソロジー・シリーズ(スピンオフ作品)も制作されました。

アンソロジー(anthology)とは、特定のテーマの下でまとめられた作品集を意味します。異なる作者でも構いません。スターウォーズでは番外編といった感じでしょうか。

スピンオフ作品は本来のスター・ウォーズのストーリーとは無関係で、影で活躍していた人物のストーリーやハン・ソロなどのメイン・ストーリーの登場人物の生い立ちや出会いが描かれています。

エピソード9「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」で完結した後もアンソロジー・シリーズの制作が期待されます。

インターネットドラマ

インターネットの動画配信サービスでテレビドラマ「マンダロリアン」が配信中です。

2020/10/30からシーズン2が配信されています。

マンダロリアン【12/18シーズン2最新話配信!】
ダース・ベイダーの死後から5年――いまだ銀河に平和は訪れず、帝国の残党が暗躍していた。そんな混乱した時代で自らの道を生き抜く孤高の賞金稼ぎ“マンダロリアン”は、フォースの力を秘めた孤児“ザ・チャイルド”と出会い、銀河中から狙われる壮大な闘い...

 

Disney+ (ディズニープラス)で独占配信中です。

Disney+ (ディズニープラス)

【初月無料!】Disney+ (ディズニープラス)はこちら

スター・ウォーズの時系列年表

第1作目がヒットした映画では「○○○2」が過去であったり、全く関係のない舞台であったりしますが、スター・ウォーズは分かりやすいです。

「スター・ウォーズ」シリーズはエピソード番号がついており、そのままエピソード番号順の時系列になります。(シークエル・トリロジーは公開順にエピソード7~9です)

アンソロジー・シリーズ(スピンオフ作品)は、本来のシリーズ・メインストーリーとは直接関連がないので、どのタイミングで観ても大丈夫です。

銀河標準暦

スター・ウォーズは、とある銀河が舞台なので暦は「銀河標準暦」が使用されます。地球の暦とは無関係です。

銀河標準暦は「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」の「ヤヴィンの戦い」を紀元とします。

  • ヤヴィンの戦い以前:BBY (Before Battle of Yavin)
  • ヤヴィンの戦い以降:ABY (After Battle of Yavin)

地球のBCやADと同じようなものですね。

時系列年表

銀河標準暦を使用して各作品の時系列を年表で表すと以下のようになります。

スター・ウォーズ時系列年表
  • 32BBY
    スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999)

    ナブーの戦い

  • 22BBY
    スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002)

    クローン大戦

  • 19BBY
    スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005)

    コルサントの戦い
    銀河帝国が建国

  • 10BBY
    ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018)

    ハン・ソロとチューバッカの出会い

  • 0
    ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016)

    スカリフの戦い

  • 0
    スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1978)

    ヤヴィンの戦い
    デス・スターの破壊

  • 3ABY
    スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980)

    ホスの戦い

  • 4ABY
    スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(1983)

    エンドアの戦い
    ジャクーの戦いで新共和国軍が勝利

  • 9ABY
    マンドロリアン(2019~)

    マンドリアンダース・ベイダーの死後から5年
    いまだ銀河に平和は訪れず

  • 34ABY
    スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015)

    帝国残党とレジスタンスの戦い

  • ??ABY
    スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017)

    ルーク・スカイウォーカーの登場

  • ??ABY
    スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019)

    シリーズ完結

視聴は動画配信?ブルーレイ?4K-UHD?

先ほどスターウォーズの過去作を紹介しましたが、

  • オリジナル・トリロジー(旧3部作)
  • プリクエル・トリロジー(新3部作)
  • シークエル・トリロジー(続3部作)
  • アンソロジー・シリーズ(スピンオフ作品2作)

と、全11作品もあります。

皆さん一度は過去作を観ているとは思いますが、時間が経過するとストーリーの細部までは覚えていませんよね。

最新作のスター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明けを見る前に過去作も観ておきたいものです。

4K-UHDの最高画質で楽しむ!

スター・ウォーズ スカイウォーカー・サーガ 4K UHD コンプリートBOX [4K ULTRA HD+ブルーレイ] [Blu-ray]

最高画質、最高音質で楽しむためには4K-UHDで観るのがオススメです。

4K-UHDは、解像度が3,840×2,160の4Kと高精細なのは皆さんご存知だと思いますが、色再現性を規定しているHDR規格にも対応しているところが重要です。4Kテレビも通常HDRに対応しており、4K-UHDの映像ソースを正確な色で4Kテレビに映し出してくれます。

フルHDまでのテレビだと、パッと見たときに鮮やかな画面となるように過度な色調整がされています。緑や赤、青が鮮やかに見えるような調整です。地上波のバラエティー番組だと色鮮やかなほうが楽しめるのですが、映画は一概にそうとは言えません。

映画の場合は、映画制作側が意図した通りの色やコントラストで観るべきだと思います。過度な色やコントラストの調整が入ってしまうと、例えば暗がりのシーンがほとんど真っ黒に表示されて何が起こっているのか分からなかったりします。

また、4K-UHDだと多くの作品でDOLBY ATMOSで音声が収録されています。DOLBY ATMOSは最新のサラウンド規格で、従来の前後左右のサラウンドに加えて、上下の縦方向からも音声が聞こえます。例えばヘリコプターが飛ぶシーンだと実際に頭上をヘリコプターが飛んでいるかのように聞こえます。

DOLBY ATMOSについては以下の記事で解説しています。

 

最高の画質・音質で楽しむには、4K-UHDで視聴することをオススメします。

「エピソード1~6、フォースの覚醒、最後のジェダイ、スカイウォーカーの夜明け」まで全9作品が揃ったコンプリートBOXが発売されています。

 

アンソロジー・シリーズ(スピンオフ作品2作)の4K-UHDはこちら。

 

せっかくだから超大画面で観たい人は、プロジェクターがオススメです。4Kテレビも50インチまでだとお手頃な価格になっていますが、60インチを超えると急に価格が上がってしまいます。

60インチでも映画館と比べると微妙なんですよね。やはりテレビで観ている感じが拭えません。テレビなんで当たり前なんですが。。

プロジェクターだと100インチも簡単に表示できます。スクリーンを用意する必要がありますが、プロジェクター本体は片手でも持てる大きさです。

100インチだと個人的には映画館とほぼ同じか、それ以上の印象です。

映画館だと、ど真ん中の席が運良く予約できればいいのですが、端の席だと斜めから覗いている感じがするし、サラウンド効果もかなり薄くなります。ど真ん中の席は視聴には最適ですが、席に座るまでの移動がなんか嫌なんですよね。既に人が座っていると「すみませーん」と言いながら通るのが面倒くさいです。

自宅でのプロジェクターだと、最適な位置から視聴できるので、映画館より遥かに快適に視聴できます。

【Acer H6810BDが25%OFF!】低価格4Kプロジェクタを比較-安いのにリアル4K(UHD)機種のおすすめランキング-Acer H6810BDが3Dに対応!セール情報も!
低価格の4Kプロジェクタがどういう仕組みなのかを以下の記事で説明しました。 DLPパネルの画素ずらし技術を使用して低価格でリアルの4K(UHD)の投影を実現しています。 今回は、具体的にどのような機種があるのかをランキン...
超低価格フルHDプロジェクター【SandlotsのFUN HD:日本ブランドで2万円台】【Amazonクーポン/セールや高輝度モデルも紹介。1万円台半ばの機種多数あり】クーポンやセール情報も紹介
激安のフルHDプロジェクターを見つけました。Sandlots社のFUN HDという機種です。 実売価格が2万円台(3万円弱)です。 他にも激安の低価格プロジェクターがありますが、仕様が良く分からないんですよね。フルHD対応と書か...
お手軽にDOLBY AtmosとDTS:X対応のサウンドバーで究極の臨場感を楽しもう -日本メーカー製品を比較-
前回の記事でDOLBY Atmosとは一体何なのかを紹介しました。Dolby Atmosはオブジェクトという概念で音声を再生する今までにない新しい技術です。 4Kテレビが安くなったのでUltra HD Blu-rayを持ってい...

お手軽な動画配信もオススメ!

4Kテレビじゃないし、4K-UHDプレイヤー/レコーダーも持っていない人は、フルHDのブルーレイか動画配信で観ることになります。

ブルーレイでもいいのですが、わざわざ購入しても到着までに時間がかかります。お値段もそれなりにします。

フルHDなら動画配信がオススメです。

スター・ウォーズは大人気シリーズなので基本的に無料配信はありません。(後で紹介しますが、Disney+ (ディズニープラス)は月額700円(税抜)で見放題です)

1本当たり300円~500円程度でレンタル配信されています。

比較的Amazonプライム・ビデオが安いです。

Amazonプライム・ビデオやAppleTV(iTunes)だと、一部作品が4Kでも配信されていますが、残念ながらスター・ウォーズシリーズは4Kでは配信されていません。AppleTV(iTunes)は基本的に4K-UHDが発売されている作品は4K配信されているのですが、スター・ウォーズシリーズはフルHDです。

各動画配信サービスへのリンクは、作品ページで紹介しています。

Disney+ (ディズニープラス)だと見放題!

日本でも2020/6/11からDisney+ (ディズニープラス)が始動しました。

Disney+ (ディズニープラス)は、ディズニーが運営する新しいストリーミングサービスです。

ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベル、ナショナル ジオグラフィックの動画やデジタルコンテンツをまとめて楽しめます!

他社サービスで有料配信されている最新作の一部は、Disney+ (ディズニープラス)では視聴できない場合があります。

最新作のスター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明けDisney+ (ディズニープラス)では見放題にはなっていません。(5/10で期間限定のレンタル期間が終了しました。 現在は期間内に購入した方のみ視聴できます)

まぁ、最新作まで見放題で配信してしまうと、他社サービスが壊滅的な状況に陥ってしまうので、しょうがないですね。

それでも過去作品はほとんどが見放題になっています。

2020/10/9から最新作「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」がDisney+(ディズニープラス)で見放題配信されます!サブスク独占配信です!→【初月無料!】Disney+ (ディズニープラス)はこちら

過去作品も見放題配信中です。

スターウォーズシリーズ過去10作品を他社サービスでレンタルする場合、大雑把に計算すると300円×10作品=3,000円程度かかります。

それが月額700円(税抜)で、いつでも何回でも視聴できるのは、かなりお得だと思います。

しかも初月無料です!

31日以内に解約すれば一切費用は発生しません。

スターウォーズシリーズを楽しむなら過去作も最新作も見放題のDisney+ (ディズニープラス)がとてもオススメです。最新ドラマ「マンダロリアン」はDisney+ (ディズニープラス)でしか配信していません。この機会にDisney+ (ディズニープラス)を試してみてはいかがでしょうか。

Disney+ (ディズニープラス)
【初月無料】Disney+ (ディズニープラス)はこちら

 

アベンジャーズ/アイアンマン/マイティー・ソーなどのMCU作品Disney+ (ディズニープラス)で多くのタイトルが見放題配信されていますよ!アベンジャーズ/エンドゲームも見放題です!

グッズ情報

スター・ウォーズに関連したグッズを紹介します。

ライトセーバー

スター・ウォーズと言えば「ライトセーバー」の戦闘シーンが印象的ですよね。

完成度の高いライトセーバーを見つけました。Lightsaver STYLEのセーバーです。

この光り方、めっちゃカッコいいです!!

セイバートリオ社のライトセーバーです。電源を入れると根本から順番に光っていきます。さらにチャンバラが出来るほど頑丈なブレードです。

この光り方はNEOセイバーというオプションです。オプションをつけないと全点灯/消灯になります。

上の動画は初期状態ではミュートで消音しています。スピーカーマークをクリックすると音を出せます。ライトセーバーの点灯/消灯時に音が出るんです。上の動画では分かりませんが、ライトセーバーを振ったときにも効果音が出ます。

下のボタンをクリックするとライトセーバーを振ったときの動画が見れます。ライトセーバーにセンサーがついていて何かに当たるとフラッシュしたりします。めっちゃリアルです。

SDカードで効果をカスタマイズすることもできます。ヤバイくらいに高性能です。他の解説動画もありますよ。

セイバートリオ社ライトセーバーの詳細はこちら

STAY HOMEの応援セール!

こちらのセールは終了しました

STAY HOME 応援企画第二弾として、セールが開催されます!

期限は未定で、緊急事態宣言中は実施するとのことです。

(価格情報は税抜きです)

上の画像の商品がセール価格になっています。

【Lightsaver Style】STAY HOME 応援セール情報はこちら 

YDDセイバー ゴースト Ghost

単体の画像と2連結した画像です。2本連結するとカッコイイですね。

通常価格 (1本):17,900円
セール価格(1本):10,000円 7,900円OFF(44%OFF)
セール価格(2本):19,900円 15,900円OFF(44%OFF)

【STAY HOMEの応援セール!】Ghostの詳細はこちら

YDDセイバー ヤングリング

こちらは廉価版です。

通常価格 (1本):12,900円
セール価格(1本): 8,000円 4,900円OFF(38%OFF)
セール価格(2本):15,900円 9,900円OFF(38%OFF)

【STAY HOMEの応援セール!】ヤングリングの詳細はこちら

YDDセイバー アプレンティス Apprentice

こちらも廉価版です。

通常価格 (1本):17,900円
セール価格(1本): 10,000円 7,900円OFF(44%OFF)

【STAY HOMEの応援セール!】アプレンティスの詳細はこちら

 

各ページで色の変化や音響効果など実際の動きが見れる動画も公開されています。音無しバージョンのグラブバッグのセールもあります。

【Lightsaver Style】STAY HOME 応援セール情報はこちら 

オフ会

コロナウイルスの緊急事態宣言の影響で2020/5/2までの殺陣教室が中止されていましたが、現在は開催されています。

なんと、ライトセーバースタイルのオフ会なるものがあります。

東京都内某所で定期的に殺陣教室を開催しているようです。現在、ほぼ毎週土曜日または日曜日の夜に開催しています。(一部昼間などもあり)

ライトセーバーを手にしたなら、実際に戦闘シーンを再現したいですよね。以下のボタンから詳細を確認できます。

ライトセーバースタイルのオフ会の詳細はこちら

ジェダイのコスチューム

ライトセーバーを販売しているライトセーバースタイル社では、コスプレ用のスターウォーズのコスチュームも販売しています。ハロウィンや映画公開初日などにジェダイに成りきるのも楽しいですよね。

アナキンや初期のルーク。

少しお腹が気になる最近のルークや、レイ。

ダークサイドのダースベイダーやシスなどもあります。

上の画像は、ほんの一部ですが、これも完成度が高いです!

さきほどのセイバートリオ社のライトセーバーと合わせると、完璧ですね。フォースが使えるんじゃないかと錯覚するんじゃないでしょうか(笑)。以下のボタンからスターウォーズのコスチュームの詳細を確認できます。

スターウォーズのコスチュームの詳細はこちら

アクセサリー

THE KISS社がスターウォーズのアクセサリーを発売しています。

先ほどのスターウォーズのコスチュームにとても良く合いそうです。普段使いでもカッコいいデザインですね。以下のボタンから詳細を確認できます。

スターウォーズのアクセサリーの詳細はこちら

 

以上、「スター・ウォーズ」シリーズの作品構成や時系列、ライトセーバーやジェダイのコスプレ情報を紹介しました。

最新作「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」を観る前に、過去作品を楽しんでくださいね。

最新作や過去作品を観たい方は、動画配信で観ることができます。各社の配信状況は以下の画像をクリックすると確認できます。ブルーレイ/DVDも紹介しています。

 

スター・ウォーズシリーズは人気作品なので、基本的にどの配信サービスも400円前後します。Amazonでスターウォーズ関連作がセール中です。過去作は299円でレンタルできます。

週末セールで100円のときもあるので、以下のページをチェックしてくださいね。

 

Disney+ (ディズニープラス)は会員だと無料です。2020/10/9から最新作「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」も見放題配信されます!

スターウォーズシリーズ見放題配信中!
Disney+ (ディズニープラス)
【初月無料】Disney+ (ディズニープラス)はこちら

 

その他のシリーズ映画の年表はこちら

コメント