低価格4Kプロジェクタを比較 -安いのにリアル4K(UHD)機種のおすすめランキング-

プロジェクタ

低価格の4Kプロジェクタがどういう仕組みなのかを以下の記事で説明しました。

安い低価格4Kプロジェクタの仕組みは? -パネルの画素ずらしでも大丈夫?-
4Kプロジェクタも低価格機種が登場してきています。10万円台で4Kプロジェクタが手に入るなら買ってみようかな?って思いますよね。 前回の記事では「ネイティブ4K」とか「擬似4K」とか書いてて良く分からないと思う方に向けて各名称が何を表...

DLPパネルの画素ずらし技術を使用して低価格でリアルの4K(UHD)の投影を実現しています。

今回は、具体的にどのような機種があるのかをランキング形式で紹介します。

DLPチップ

今回紹介する機種は全て同じDLPチップを使用しています。TI社のDLP0.47型DMDチップです。

パネル自体はネイティブ4KパネルではなくフルHDと同じ1920×1080画素のパネルとなりますが、縦横1画素ずらし技術を用いてリアル4K(UHD)の3840×2160画素を投影します。

仕様上の投影画素数(解像度)も3840×2160画素になります。

DLPチップが同じでも映像処理や光学系レンズの性能によって、最終的に投影される映像が変わってくるので、性能を比較しながら紹介したいと思います。

低価格4K(UHD)プロジェクタのランキング

Acer H6810


★★★★☆ 価格   14万円台
★★★★★ 明るさ  3500ルーメン
★★★   明暗比  10,000:1
★★★★  色再現性 HDR対応、Rec.2020対応
★★★★★ 静かさ  33dB(静音23dB)
-     3D対応  ×
★★★☆  小型   343x125x258mm
★★★☆  軽量   4.0kg

台湾メーカーのAcerから発売されているH6517STは14万円台と価格が安く、最も明るい3500ルーメンです。
まだ発売されて1ヶ月ほどしか経っていない最新機種です。

色再現性もHDR対応、Rec.2020対応しているので十分な性能です。
コントラスト比(明暗比)は若干弱いですが、JVCを除いてどの機種も同程度です。
価格が安いことから、残念ながら3Dには対応していません。


この機種は最も静音性能に優れており、サイレント設計により脅威の23dB(静音モード時)を実現しています。他機種を大きく引き離しています。

明るくて静かで価格も安いので、3Dが要らない人には超おすすめです。

BenQ TK800


★★★★★ 価格   14万円台
★★★★☆ 明るさ  3000ルーメン
★★★   明暗比  10,000:1
★★★   色再現性 HDR対応、Rec.709:92%
★★★   静かさ  33dB(静音29dB)
★★★   3D対応  ○
★★★   小型   353x135x272mm
★★★   軽量   4.2kg

台湾メーカのBenQのTK800が2位です。1位のAcer H6810と同じ価格帯ですが、この機種のほうが少し安いと思います。
一番明るい訳ではありませんが、3000ルーメンと非常に明るいです。

色再現性はHDR対応していますが、Rec.2020より古い規格のRec.907で92%再現なのが少し不安材料になります。一つ前のモデルより明るくしたので色再現性を犠牲にしたのかも知れません。

しかしこの機種はなんと言ってもこの価格で3D対応しています。買い替えの場合、3D対応機種じゃないと既に持っている3Dコンテンツを無駄にしてしまいますよね。3D対応フルHDから買い換える方におすすめの機種です。


また、BenQの中ではホームエンターティメントの製品の位置づけで、スポーツやゲームに適した動作モードを用意しています。とにかく明るい映像なので、特に部屋を暗くしなくても皆でスポーツ観戦するなど映画鑑賞以外でもすごく楽しめます。

デザインも独特でエンターティメントを意識したものになってます。

ViewSonic PX747-4K


★★★★  価格   15万円台
★★★★★ 明るさ  3500ルーメン
★★★☆  明暗比  12,000:1
★★★   色域   HDR対応
★★★   静かさ  33dB(静音29dB)
-     3D対応  ×
★★★   小型   332x135x261mm
★★★   軽量   4.2kg

同率2位でViewSonic PX747-4Kもランクインしました。
この機種も最も明るい3500ルーメンです。コントラスト比(明暗比)も12,000:1と後で紹介するJVCの次に高い性能です。

色再現性はHDR対応です。一つ前のモデルのPX727がRec.907:96%なので同等だと思われます。
残念ながら3Dには対応していません。


バックライトつきリモコンが付属するので、暗い部屋の中でも操作に困りません。

BenQ HT2550


★★★★★ 価格   15万円台
★★★   明るさ  2200ルーメン
★★★☆  明暗比  12,000:1
★★★   色域   HDR対応、Rec.709:96%
★★★   静かさ  33dB(静音29dB)
-     3D対応  ×
★★★   小型   332x135x261mm
★★★   軽量   4.2kg

4位はBenQ HT2550です。3D対応しています。
この機種はホームシネマ向け製品なので、2位のBenQ TK800よりも色再現性に優れています。明るさが2200ルーメンとTK800より劣りますが、ホームシネマであれば2000ルーメン以上あれば十分に明るいです。



独自のCinematicColor™技術を使用しており、明るさよりも画質を優先した機種だと思います。グレードもTK800より上なので、映画鑑賞がメインの方は画質重視でこちらの機種をおすすめします。

デザインも前面パネルがグレーで落ち着いてるのにお洒落です。

ViewSonic PX727-4K


★★★★★ 価格   13万円台
★★★   明るさ  2200ルーメン
★★★☆  明暗比  12,000:1
★★★   色域   HDR対応、Rec.709:96%
★★★   静かさ  33dB(静音29dB)
-     3D対応  ×
★★★   小型   332x135x261mm
★★★   軽量   4.2kg

同率4位はViewSonic PX727-4Kです。
3D対応していませんが、最も安い価格です。

明るさ、色再現性とも同率4位のBenQ HT-2550とほぼ同じです。
3D対応していないので、その分お安くなっている感じでしょうか。

コントラスト比(明暗比)は12,000:1と2番目に高いコントラス比なので、HT-2550より少し画質がいいかもしれません。

価格も非常に安いので、3D対応が必要なければこちらの機種がいいですね。

同メーカのPX747-4Kとは明るさだけが違うようです。そのまま価格に反映されているので、明るい部屋だとPX747-4Kで、そうでなければこちらの機種もありだと思います。

JVC LX-UH1W


★     価格   28万円台
★★★   明るさ  2000ルーメン
★★★★★ 明暗比  100,000:1
★★★★★ 色域   HDR対応、Rec.709:100%
★★★   静かさ  33dB(静音29dB)
-     3D対応  ×
★★☆   小型   333×135×332mm
★★☆   軽量   4.8kg

最後にJVC LX-UH1Wです。
最下位となった理由はズバリ価格です。他機種の倍近くします。

今まで紹介した機種も全て同じDLPのDMDチップを使用しています。どの機種もだいたい似た性能になっているんですが、JVCだけは違います。


明るさこそ2000ルーメンですが、コントラスト比(明暗比)はなんと100,000:1と他機種の約10倍です。色再現性もRec.709を100%カバーと完璧な性能です。
圧倒的に高画質です。

JVCの中では入門機扱いなので、製品ページを見ても「凄いぞー」って感じの紹介のされ方になってないのですが、他の機種とは次元が違う性能です。
3D対応してなくて28万円台の価格からも、比べるのが間違ってるのかもしれません(笑)。

お手軽にとは言えない価格ですが、検討の価値ありだと思います。LCOSは全く手が出ない価格帯ですが、この機種なら検討できる方もいるのではないでしょうか。

まとめ

以上のようにランキング形式で低価格で4K(UHD)をリアルに投影できるプロジェクタを紹介しました。

3D対応が必須の場合、映画鑑賞メインでは「BenQ HT2550」、皆でスポーツ観戦なら「BenQ TK800」がいいと思います。

3Dが要らなければ、「Acer H6810」か「ViewSonic PX747-4K」が明るくていいと思います。十分に遮光した部屋であればお安い「ViewSonic PX727-4K」もおすすめです。

とにかく画質にこだわりたい方は「JVC LX-UH1W」がおすすめです。高いと言ってもLCOSの機種よりかなり安く現実的な価格です。

今回ランキングで比較した機能を表にしています。→ 低価格4K(UHD)プロジェクタ機能比較表はこちら

 

4K対応された方はUltra HD Blu-rayをフルに活用できるようにサラウンドシステムもDolby Atmosに対応したほうがいいと思います。

DOLBY Atmosとは -サラウンドの種類:Dolby digitalとAtmosって何が違うの?-
ホームシアターのサラウンドスピーカーを選ぶとき、チャンネル数や対応フォーマットが重要ですよね。多ければ多いほど性能が良さそうです。 チャンネル数は多ければ色んな場所から音が聞こえるので臨場感が増すことがイメージできます。スピーカーを設...

 

4K UHDブルーレイの発売情報は以下の記事で紹介しています。音声フォーマットの収録情報も載せているのでAtmosかDTS:Xのどちらが収録されているかも分かります。iTunesの4K動画配信の情報も追加していってます。

【2019-1】4K Ultra HD(UHD)ブルーレイ タイトル一覧 -4K配信、音声対応情報Atmos/DTS:X-
4K Ultra HD(UHD)ブルーレイのタイトル一覧です。 音声フォーマットの対応情報も載せています。 iTunesで4K動画配信しているものはリンクをつけています。構成や特典などは4K UHDブルーレイと異なります。 期...

iTunesをプロジェクターで観るには「Apple TV」が必要です。4Kなら「Apple TV 4K」。3/31までふるさと納税の返礼品になってます。同じ納税額で「Apple TV 4K」を手に入れられますよ。下の記事で紹介しています。

Apple TV 4Kがふるさと納税の返礼品に -3/31までの期間限定-
Apple TV 4Kがふるさと納税の返礼品になっています。 今のところ4Kの動画配信ってNetflixかiTunesなんですよね。他の動画配信サービスも一応4Kを謳ってますが、ほとんどコンテンツがないんですよ。 Netflix...

 

4Kソースを持ってないなどフルHDで十分な方は、以下の記事を見てください。

低価格フルHDプロジェクタを比較 -安価で高性能のおすすめ7機種をランキング-
こちらの記事で視聴スタイルに応じてフルHDか4Kのどちらのプロジェクタを選べば良いかを説明しました。 フルHDでも10万円以下で売っている機種もあるので、今回は低価格で高性能なフルHDのプロジェクタを機能比較も併せてランキング...

コメント