超低価格フルHDプロジェクター SandlotsのFUN HDなど -日本ブランドで2万円台-

プロジェクタ

激安のフルHDプロジェクターを見つけました。Sandlots社のFUN HDという機種です。

実売価格が2万円台(3万円弱)です。

他にも激安の低価格プロジェクターがありますが、仕様が良く分からないんですよね。フルHD対応と書かれていても入力できるだけでパネル自体は1280×720だったりします。

今回紹介するFUN HDはフルHD(1920×1080)のパネルを使用しています。一応、日本ブランドです。

FUN HDの概要

以前、紹介した低価格フルHDプロジェクターとは価格帯が全く異なります。約1/3の価格の2万円台です。

→ 低価格フルHDプロジェクタを比較 -安価で高性能のおすすめ7機種をランキング-

上記の記事と同じように評価すると以下の通りです。

★×10   価格      2万円台
★★★   明るさ     2600ルーメン
☆     コントラスト比 4,000:1
★     静かさ     40dB
3D対応     ×
★★★★★ 小型      295×100×217mm
★★★★★ 軽量      2.45kg

FUN HDは圧倒的に価格が安いです。

コントラスト比が以前紹介した機種より劣りますが、明るさは2600ルーメンと十分です。コントラスト比はあまり高過ぎてもギラギラした印象になるので、低価格機としては十分だと思います。

サイズや重量もトップクラスの小型、軽量化を実現しています。

FUN HDの特徴

フルHD

FUN HDはフルHDのパネルを使用しており、1920×1080で表示できます。

出典:FUN HD公式ページのFUN HDの文字表示例より

 

出典:FUN HD公式ページの水平方向1280画素の文字表示例より

水平方向1280画素の文字表示例と比較すると一目瞭然です。

 

2600ルーメンの明るさ

明るさは2600ルーメンと十分です。

一般的にプロジェクターは1500ルーメン以上であれば明るい機種とされています。数百万円するLCOS方式のネイティブ4Kプロジェクタも1500ルーメン程度の機種が多く、それよりも十分に明るいです。

台形補正機能

FUN HDには台形補正機能が搭載されています。

出典:FUN HD公式ページより

上の画像の右上が補正前、右下が補正後です。

低価格機種の中にはコスト削減により台形補正機能を搭載していない機種があります。

残念ながらFUN HDは固定焦点距離を採用しているので、100インチのスクリーンサイズだと3m固定となります。

設置位置の自由度は少し下がりますが、台形補正機能がないと映像自体が歪んでしまいます。台形補正機能を優先してコストを削減していることは評価できます。

付属品が豊富

FUN HDにはHDMIケーブルなど豊富な付属品がついてきます。

出典:FUN HD公式ページより

HDMIケーブルは付属していない機種が結構多いんですよね。ケーブルを揃えるだけでもそれなりの金額がします。初めてプロジェクターを導入する方にとても親切です。

日本ブランド

FUN HDは株式会社Sandlots(サンドロッツ)の製品です。大手メーカーではありませんが、日本企業です。

実際にどの国で製造されているかは不明ですが、日本企業品質のサポートが期待できます。

圧倒的に安い

FUN HDはフルHD表示できるプロジェクターの中で圧倒的に安いです。

出典:FUN HD公式ページより

低価格の商品は上の画像のように「フルHD対応」と謳っていてもフルHD信号を入力して映せるだけで、1920×1080画素で表示できるとは限りません。FUN HDは1920×1080画素で表示できます。

まとめ

以上、圧倒的に安いフルHDプロジェクター FUN HDを紹介しました。

2万円台と非常に安いので初めてプロジェクターを使う方におすすめです。日本ブランドなのでサポートも期待できます。

以下のリンクの公式ページからも購入できますが、Amazonなどの通販サイトでも売っています。今のところ価格は同じです。いつも利用している通販サイトだとポイントが活用できますね。

→ Sandlots社のFunlogy FUN HD公式ページを確認する

 

日本ブランドではありませんが、似た価格帯の製品を2つほど挙げておきます。どちらもフルHDパネルを謳っています。Amazonだとクーポンでさらに値引きの場合があるので、チェックしてください。

コメント