サラウンド

スポンサーリンク
サラウンド

Atmos対応サウンドバー ソニーHT-X8500が新発売 -再安値価格帯で登場-

ソニーからDOLBY ATMOS対応のサウンドバーHT-X8500が2019/4/18頃に発売されます。 ソニーのATMOS対応のサウンドバーはHT-ST5000も発売されているのですが、価格帯が十数万円と高いんですよね。 ...
サラウンド

DOLBY VISION/ATMOS対応のシャープ製スマホAQUOS SH-M09が登場

シャープAQUOS R2 compact SH-M09の情報は以下の記事に移動しました。格安SIM各社の価格比較もしています。9/30までの期間限定でOCNモバイルONEから24,800円で入手できます。 最近はスマホ...
サラウンド

atmos/DTS:Xに対応したAVアンプ ONKYO TX-SR393が2月下旬発売

ONKYOがDolby atmos/DTS:Xに対応したAVアンプ「TX-SR393」を2月下旬に発売します。 今までサラウンドシステムをもっている方は、AVアンプと追加スピーカーだけ買い換えれば最新音声フォーマットに対応できます。今...
サラウンド

リアル5.1ch以上のDolby Atmos対応AVアンプ -低価格で従来サラウンドから拡張する方法-

以前、お手軽にDolby AtmosやDTS:Xの最新サラウンドを体験できるサウンドバーを紹介しました。 既に5.1chや7.1chのサラウンドシステムでホームシアターを組んでいる方は、サウンドバーだと物足りないと思います。 ...
サラウンド

FF-XIV推奨のゲームに最適なサウンドバーSC-HTB01 -Dolby Atmos、DTS:X、DTS:Virtual:Xに対応-

ファイナルファンタジーXIV推奨のサウンドバーが2019年1月下旬に登場します。 Panasonic社のSC-HTB01です。 株式会社スクウェア・エニックスと共同開発したゲームモードを搭載しています。最先端の立体音響技術である...
サラウンド

お手軽にDOLBY AtmosとDTS:X対応のサウンドバーで究極の臨場感を楽しもう -日本メーカー製品を比較-

前回の記事でDOLBY Atmosとは一体何なのかを紹介しました。Dolby Atmosはオブジェクトという概念で音声を再生する今までにない新しい技術です。 4Kテレビが安くなったのでUltra HD Blu-rayを持ってい...
サラウンド

DOLBY Atmosとは -サラウンドの種類:Dolby digitalとAtmosって何が違うの?-

ホームシアターのサラウンドスピーカーを選ぶとき、チャンネル数や対応フォーマットが重要ですよね。多ければ多いほど性能が良さそうです。 チャンネル数は多ければ色んな場所から音が聞こえるので臨場感が増すことがイメージできます。スピーカーを設...
サラウンド

初めてのホームシアターのオススメは? 無難にサラウンドから始めませんか

利用スタイルごとにどのようなホームシアターがお薦めなのかを書いてみます。 今回は「ホームシアターに興味があるけど、あとで後悔しないかなぁ。。」と思われている方に向けて、無難な始め方を説明したいと思います。 導入までの不安 ホームシ...
スポンサーリンク