Atmos対応サウンドバー ソニーHT-X8500が新発売 -再安値価格帯で登場-【最大5万円キャッシュバック!ソニー製品キャンペーン情報も】

サラウンド

PR新規登録で500ポイントプレゼント!
(初めて/1年間未登録の方限定)
3ヶ月間無料体験あり!

【期間限定】エントリーはこちら


3ヶ月間無料体験はこちら(新規登録限定)

ソニーからDOLBY ATMOS対応のサウンドバーHT-X8500が2019/4/18頃に発売されました。

ソニーのATMOS対応のサウンドバーはHT-ST5000も発売されているのですが、価格帯が十数万円と高いんですよね。

今回のHT-X8500は3万円台半ばと各社から発売されているATMOS対応のサウンドバーの中では再安値の価格帯です。HT-ST5000を含め、各社のサウンドバーは以下の記事で紹介しています。

お手軽にDOLBY AtmosとDTS:X対応のサウンドバーで究極の臨場感を楽しもう -日本メーカー製品を比較-
前回の記事でDOLBY Atmosとは一体何なのかを紹介しました。Dolby Atmosはオブジェクトという概念で音声を再生する今までにない新しい技術です。 4Kテレビが安くなったのでUltra HD Blu-rayを持ってい...

 

最後に応募者全員に最大50,000円がキャッシュバックされるキャンペーン情報も紹介しています。

 

PR Amazon 2021年発売のテレビ・ブルーレイレコーダー
Amazon 2021年発売のテレビ・ブルーレイレコーダー
2021年モデル テレビ・レコーダー特集はこちら

 

PR 【パナソニック主催】最大10万円キャッシュバック!
【パナソニック主催】最大10万円キャッシュバック ホームビューイングキャンペーン 第3弾
ホームビューイングキャンペーン 第3弾はこちら

 

PR 【ソニー主催】最大5万円キャッシュバック!
ソニーおうちエンタメ応援キャンペーン セットで最大5万円キャッシュバック
ソニーおうちエンタメ応援キャンペーンはこちら

SONY HT-X8500

ソニーのHT-X8500は2.1chのサウンドバーです。同じATMOS対応のHT-ST5000は7.1.2chなのでスペック的には劣りますが、価格帯が全く違うのでしょうがないですね。

お手軽に最新DOLBY ATMOSの臨場感を楽しめます。最新機種なのでスピーカー構成以外は充実していますよ。

Amazonで34,745円!(2021/6/19時点)

DOLBY ATMOSとDTS:Xに対応

出典:ソニーHT-X8500製品ページより抜粋

HT-X8500は最新サラウンドの規格DOLBY ATMOSDTS:Xに対応しています。

この価格帯でATMOSを楽しめるのは、HT-X8500パナソニックのSC-HTB01くらいです。

出典:ソニーHT-X8500製品ページより抜粋

前後左右を中心とした従来のサラウンド音場に対して、DOLBY ATMOSやDTS:Xは高さ方向の表現力を加えた3次元の立体音響技術です。全方位からの音に包みこまれるリアルな音響空間をお楽しむことができます。

4K-UHDブルーレイから採用されており、4K時代の最新サラウンドです。DOLBY ATMOSについては以下の記事で紹介しています。

Vertical Surround Engineで最新サラウンドを実現

DOLBY ATMOSやDTS:Xは従来の前後左右のスピーカーに加えて、高さ方向用のスピーカー(トップスピーカーまたはイネーブルドスピーカー)も必要です。

HT-X8500はバータイプの製品で、テレビの前に置くだけです。フロント方向にしかスピーカーがありません。

出典:ソニーHT-X8500製品ページより抜粋

HT-X8500ではバーチャルサラウンド技術によりフロントスピーカーだけで高さ方向を加えたサラウンドサウンドを作り出します。トップスピーカーやイネーブルドスピーカーを置かずに3次元の立体音響を実現します。もちろん従来の5.1chサラウンドも楽しめます。

普通のテレビ放送も3次元化

出典:ソニーHT-X8500製品ページより抜粋

テレビ放送などで多いステレオの音源でもリモコンのワンタッチ操作でバーチャルサラウンドを楽しむことができます。

デュアルサブウーファーで迫力の低音

バータイプのサラウンドスピーカーでは、サブウーファーが独立しているタイプと内蔵しているタイプがあります。独立タイプのほうが低音域の迫力が優れています。

HT-X8500は内臓サブウーファーですが、デュアルサブウーファーを採用しています。

出典:ソニーHT-X8500製品ページより抜粋

デュアルサブウーファーにより、コンパクトながらパワフルな低音を再生できます。

簡単接続、HDCP2.3に対応

HDMI端子でテレビとの接続はもちろん、ブルーレイディスクレコーダー/プレーヤー、PS3/PS4などのゲーム機などにも簡単に接続できます。

出典:ソニーHT-X8500製品ページより抜粋

HDMIでの接続はサラウンドスピーカーとしては当たり前の機能なのですが、HT-X8500HDCP2.3に対応しています。

HDCPはHDMIで接続された機器間のコンテンツを保護するための規格です。4K対応するためにはHDCP2.2以上が必要ですが、ソニーのサウンドバーやサラウンドスピーカーでもHDCP2.3に対応しているのはHT-X8500だけです。

Bluetoothでワイヤレス再生

出典:ソニーHT-X8500製品ページより抜粋

最近のサウンドバーで標準的に採用されつつあるBluetoothでのワイヤレス接続も対応しています。

スマホに保存している音楽コンテンツを聴くのにとても便利です。サウンドバーから最高の音質で音楽を楽しむことができます。

まとめ

以上、ソニーのDOLBY ATMOS、DTS:X対応のサウンドバーHT-X8500を紹介しました。

デュアルサブウーファー採用などコンパクトでありながら最高の音質を期待できる製品です。HT-X8500壁掛けもできるように設計・デザインされています。4Kテレビを壁掛けで設置している部屋にもピッタリ合うんじゃないでしょうか。

価格もATMOS対応製品の中で再安値の価格帯です。現在は約4万円の価格です。(2021/3/31時点)

Amazonで34,745円!(2021/6/19時点)

【最大5万円キャッシュバック】ソニーおうちエンタメ応援キャンペーン

ソニーおうちエンタメ応援キャンペーン セットで最大5万円キャッシュバック

4K/8Kブラビアとブルーレイディスクレコーダやサウンドバーを購入すると、最大50,000円がキャッシュバックされるキャンペーンを実施中です。

なんと応募者全員です!

購入期間は7/26で終了しますが、本キャンペーンへの申し込みは2020/8/31までです。

2点セットで最大1万円/3点セットで最大5万円をもれなくキャッシュバック

本ページで紹介しているHT-X8500も対象です。

キャンペーン詳細や対象商品は以下のページで確認してください。

Amazon.co.jp: ソニーおうちエンタメ応援キャンペーン: 家電・カメラストア
家電・カメラストア の優れたセレクションからオンラインショッピング。

 

ソニー ブラビア 4Kテレビがふるさと納税の返礼品になっています。

【2021年版】4Kテレビのふるさと納税の返礼品【ソニー製ブラビア4Kテレビ!フナイ電機はHDD内蔵で有機EL!アイリスオーヤマも!】
2021年に入りました。12月に慌ててふるさと納税するよりも、今のうちに済ませておいたほうが、じっくり欲しい返礼品を選ぶことができますよ。今年のオリンピック開催は、まだハッキリしませんが、海外からの観客ナシで落ち着きそうですね。最悪でも無観

 

同じソニーから2020年6月にHT-G700が発売されました。HT-X8500のワンランク上のセンタースピーカー搭載3.1ch/独立型ワイヤレスサブウーファー搭載の製品です。

【2020年6月発売】Atmos対応サウンドバー ソニー HT-G700【センタースピーカー搭載の3.1ch/ワイヤレス独立サブウーファーでコンパクト/リーズナブル/音質良好!】最大5万円キャッシュバックキャンペーンも!
ソニーからDOLBY ATMOS対応のサウンドバーHT-G700が2020年6月に発売されました。 センタースピーカー搭載の3.1ch/ワイヤレス独立サブウーファーで良好な音質が期待できます! ソニーのATMOS対応のサウンドバ...

 

再安値の価格帯の製品としては、パナソニックのSC-HTB01もおすすめです。

FF-XIV推奨のゲームに最適なサウンドバーSC-HTB01 -Dolby Atmos、DTS:X、DTS:Virtual:Xに対応-
ファイナルファンタジーXIV推奨のサウンドバーが2019年1月下旬に登場しました。 Panasonic社のSC-HTB01です。 株式会社スクウェア・エニックスと共同開発したゲームモードを搭載しています。最先端の立体音響技術であ...

 

関連情報

DOLBY ATMOS対応スマホ

最近はスマホで映画を観る人が増えてきています。DOLBY ATMOS対応のスマホに乗り換えるなら、OCNモバイルONEがオススメです。最新機種が他者と比べて最安値で入手できますよ。

2021/6/11発売 OPPO Reno5 A

DOLBY ATMOS対応/最大6,400万画素カメラ/高速応答フルHD+ディスプレイです。5G対応です。

【2021/6/30(金)11時まで】OCNモバイルONEがセール!MNP/対象オプション加入で最大16,500円OFFです!

OPPO Reno5 A/A54 5G/A73の違いは?性能・仕様を比較【高速応答画面・大容量バッテリーのA54 5G/6400万画素カメラ・防水・ATMOS対応のReno5 A/有機EL・薄型軽量・レザー質感のA73】
2021年6月にOPPO Reno5 AとOPPO A54 5Gが順次発売されます。どちらも5G対応です。OPPO社の従来機種OPPO A73を加えて仕様や機能の違いを比較したいと思います。が値下げ&20,000ポイント還元!さらに5,00
【9/22(水)11時まで】OCNモバイルONEのセール情報【最新スマホが最大16,500円OFF!有機ELなど1円スマホが3機種!9/10までXperia 10 III Liteなど発売記念特価も!iPhone 12/12miniも最安値でオススメ!】
OCNモバイルONEのセール・キャンペーン情報を紹介します。2021/9/10(金)11時までソニーXperia 10 III LiteやASUS ZenFone 8シリーズの発売記念特価セールを開催中です!その他iPhone 12/12m

 

5G対応の楽天モバイルが最大25,000ポイント還元を実施中です。

【3ヶ月間無料!】楽天モバイルがiPhone超トクのりかえ/Rakuten UN-LIMIT 5G申し込みキャンペーン!【最大25,000ポイント還元!ZERO宣言で初期費用/MNP転出料などが無料0円!シャープsense4 lite/OPPO A73が実質1円!Rakuten Hand/miniだと実質儲かる?!】
楽天モバイルが2020/11/4から「Rakuten UN-LIMIT V申し込みキャンペーン」を実施中です。2021/4/23からiPhone発売!超トクのりかえキャンペーン!最大20,000ポイント還元!3ヶ月無料キャンペーン開催中!2
携帯電話料金はどれだけ安くなる?docomo/au/ソフトバンク/楽天の新プランを比較【料金は圧倒的に楽天が安い!容量無制限で2,980円!20GB1,980円/1GBまで無料!3/1にドコモahamoが値下げ発表!】
2021/3/1にNTT docomoがahamoのさらなる値下げを発表!2021年2月から4月に向けて携帯電話の値下げ発表が続いています。各社が対抗案を次々と投入していましたが、ほぼ出揃ったようなので、一度、新プランをまとめてみたいと思い

 

シャープ製スマホの最新機種sense4や従来機種の仕様を以下の記事で比較しています。Sense5Gも発売されていますよ!

シャープAQUOS Sense5GとSense4シリーズの性能・機能の違いは?【Sense5G SH-M17/Sense4 plus SH-M16/Sense4 SH-M15の仕様を比較】Sense5GはSense4の5Gバージョン!Sense4 plusのほうが高性能!
2021/3/12にシャープ5G対応のSIMフリースマホAQUOS Sense5G SH-M17が発売されます。5G対応なのは分かるのですが、それ以外の機能がどうなっているのかをSense4シリーズと比較したいと思います。5G対応!【8/2

OCNモバイルONE/OCN光

DOLBY ATMOSの詳細はこちらで紹介しています。

DOLBY Atmosとは -サラウンドの種類:Dolby digitalとAtmosって何が違うの?-
ホームシアターのサラウンドスピーカーを選ぶとき、チャンネル数や対応フォーマットが重要ですよね。多ければ多いほど性能が良さそうです。 チャンネル数は多ければ色んな場所から音が聞こえるので臨場感が増すことがイメージできます。スピーカーを設...

 

4K-UHDブルーレイや4K、ATMOS対応の動画配信については以下の記事で紹介しています。

【2021年1-3月】4K Ultra HD(UHD)ブルーレイ タイトル一覧 【TENET テネット/サイコ/ガメラ3部作/ビートルズ A HARD DAY'S NIGHTなど!】-4K配信、音声対応情報Atmos/DTS:X-
4K Ultra HD(UHD)ブルーレイのタイトル一覧です。 音声フォーマット(DOLBY ATMOS/DTS-Xなど)の対応情報も載せています。 iTunesでの4K動画配信や各社動画配信状況、原作や小説・漫画、シリーズ作品...
動画配信サイトのサービス比較-DOLBY、フルHD、4K対応-【各社のサービス内容を比較】アマプラ/U-NEXT/dTVがオススメ!ディズニー映画ならディズニープラス!
最近のテレビには普通に動画配信サービスを受ける機能がついており、動画配信サービスの認知度が高くなっています。 今までは画質に不安を感じていた方も、これだけ普及してくるとホームシアターに導入できるのかな?と思われているんじゃないでしょう...

コメント