1917 命をかけた伝令【ワンカットが話題!7/22先行デジタル動画配信開始!8/5に4K-UHD/ブルーレイ+DVD発売!】ビジュアルカード付きやスチールブック仕様の限定版あり!

アクション
映画「1917 命をかけた伝令」の作品情報や動画配信、4K-UHD・ブルーレイ(DVD)の情報を紹介します。原作やフィギュアなどの関連情報、シリーズ映画情報も。

1917 命をかけた伝令

4.0

アクション
戦争
ドラマ

公開年とジャンルをクリックすると関連作品が表示されます

原題:1917
監督:サム・メンデス
出演:ジョージ・マッケイ, ディーン=チャールズ・チャップマン, ベネディクト・カンバーバッチ, コリン・ファース, マーク・ストロング

あらすじ

<時間>が最大の敵。

第一次世界大戦真っ只中の1917年のある朝、若きイギリス人兵士のスコフィールドとブレイクにひとつの重要な任務が命じられる。それは一触即発の最前線にいる1600人の味方に、明朝までに作戦中止の命令を届けること。
進行する先には罠が張り巡らされており、さらに1600人の中にはブレイクの兄も配属されていたのだ。
戦場を駆け抜け、この伝令が間に合わなければ、兄を含めた味方兵士全員が命を落とし、イギリスは戦いに敗北することになる―
刻々とタイムリミットが迫る中、2人の危険かつ困難なミッションが始まる・・・。

▷ 予告編を観る

『1917 命をかけた伝令』予告

ワンカットが話題!

テレビCMでも「ワンカット」を前面に出して宣伝しています。

ワンカットの映画としては「カメラを止めるな!」が有名です。「カメラを止めるな!」はゾンビに襲われるシーンを一つのカメラが追いかけて生放送するストーリーです。生放送の設定なので途中カットはなく実際にワンカットで撮影されています。

カメラを止めるな!」のワンカットは約37分間で、その後は「なぜゾンビドラマを生放送するに至ったか」と「撮影中のトラブル」を描く通常ドラマに移ります。

ここで疑問が生じます。「カメラを止めるな!」のB級感や一つの建物とその周囲だけの37分間の撮影であればワンカットは想像できるが、本映画「1974」のように上映時間119分の戦闘シーンがバリバリのハリウッドの大作で、ワンカットなんて本当にできるのか?

本映画は全編がワンカットではありません。

「えっ、嘘なの??」と思われるかもしれませんが、全編がワンカットに見えるように各シーンが寸分たがわぬ正確さで繋ぎ合わしています。映像が全編を通して全て連続しており、人物や風景にずれが全くありません。非常に高い撮影・映像技術が必要です。

観客にはワンカットにしか見えず、今までの映画とは全く違った映像になっています。

「全編ワンカットで撮影しました」とは宣伝されていないので、119分間全編がワンカットに見える映像を楽しめばいいと思います。(公式ページでも「ワンカットに見える映像」と明記されています)

『1917 命をかけた伝令』特別映像 "驚異のワンショット撮影"
『1917 命をかけた伝令』ワンカットから感じる緊張感!本編映像 "戦場を駆ける若き兵士たちの安息のひと時"
2020/7/22に先行デジタル動画配信が開始!

動画配信

配信サービス価格画質/音声作品ページ
(ボタンをクリック)
Amazonプライムビデオ無料体験はこちら
Amazon無料体験
購入 ¥2546フルHD DOLBY字幕版
iTunes(AppleTV)
iTunes(AppleTV)
購入 ¥25464K ATMOS字幕版

注意:配信状況や価格などの情報は日々更新していますが、最新の配信状況は各サービスのサイトでご確認ください。


最新配信タイトル



週末じゃなくてもAmazonプライムで100円セール!新作も!

動画配信サービスの詳細記事はこちら

4K UHD/ブルーレイ

2020/8/5に4K-UHD/ブルーレイ+DVDが発売!

4K UHD+BD

4K HDR DOLBY ATMOS

 

Amazonだと特典のついた限定版があります!

ビジュアルカード付き

 

スチールブック仕様(ビジュアルカードもつきます)

ブルーレイ(HD)+DVD

FULL-HD

 

Amazonだと特典のついた限定版があります!

ビジュアルカード付き

4K-UHDタイトル一覧はこちら

ブルーレイ/DVD新作リリース情報はこちら

8/5発売「3枚買ったらもれなく1枚もらえる!」210タイトルはこちら

関連情報

サウンドトラック

Amazon Music Unlimitedの聴き放題 対象作品です。

定額制の音楽聴き放題サービスだとアルバム購入より安い!


Amazon Music Unlimitedの30日間無料体験はこちら

コメント