U-NEXTの動画配信をFire TV Stickのホームシアターで観てみた

動画配信

以前、Fire TV Stickをホームシアターに接続して、プロジェクターの大画面でどう視聴できたかを紹介しました。

Fire TV Stickをホームシアターで使ってみた -動画配信の画像ずれが直った-
数日前にAmazonサイバーマンデーのセールでが激安で買えることを紹介しました。(セール自体は終了) もちろん、今回実際に買いましたよ。到着したをホームシアターに接続してプロジェクターの大画面で動画配信サービスを視聴しました。...

このときはAmazonプライム・ビデオで確認したんですが、今回、U-NEXTの無料トライアルを利用したので紹介したいと思います。

結論的には、コンテンツは豊富で画質も良く、使いやすいユーザインタフェースなんですが、ドルビー対応の映画が少ないのが残念ですね。

動画配信サービスの比較概要

以前の記事で2017年のシェア上位のサービス業者を比較をしました。

サービス名 コンテンツ数 タイプ 月額料金 画質 DOLBY
dTV 120,000 課金あり 500円 HD/4K ×
Hulu 50,000 見放題のみ 933円 フルHD ×
U-NEXT 130,000 課金あり 1,990円 フルHD/4K
Amazonプライムビデオ 70,000 課金あり 400円 フルHD/4K
Netflix 非公開 見放題のみ HD1,200円
4K1,800円
フルHD/4K
ビデオパス 見放題10,000
+VOD
課金あり 562円 HD ×
TSTAYA-TV 17,000 課金あり 933円 HD ×

ホームシアターだとフルHD以上、ドルビー対応が必要なので、赤字の3サービスが最適です。

  • U-NEXT
  • Amazonプライムビデオ
  • Netflix

この3サービスの特徴を以下の記事で比較しています。

ホームシアターで観る動画配信サイトの3サービスを比較-U-NEXT/Amazon/Netflix-
前回の以下の記事でホームシアターに適している動画配信サイトは以下の3サービスと紹介しました。 U-NEXT Amazonプライムビデオ Netflix 上の3サービスは、それぞれ異なる特徴があるので、自分...

U-NEXTの特徴

U-NEXTは、コンテンツの数と種類がとても豊富です。月額料金が高いんですが、1200円分をポイントとして課金コンテンツに使えます。実質、見放題790円+課金分1200円となるので、特別高い訳ではないと思います。

最新映画も月に何本か観たいけど旧作や見放題のコンテンツもとことん観たい欲張りな方にはU-NEXTがおすすめです。

また、雑誌読み放題や男子が好むコンテンツが豊富なので、日本人受けしやすいサービス内容になっています。

家族の方にはファミリーアカウントも3つ(全4つ)使えるので、視聴履歴を個別に管理できます。(何を見たのか家族に知られない)

31日間の無料体験もあります。

U-NEXTの無料トライアル

ホームシアターに接続したFire TV Stickで実際にU-NEXTのサービスを視聴しました。

PCから無料トライアルを申し込んで、そのときに登録したメールアドレスとパスワードを使用してFire TV StickでU-NEXTを観ます。

無料トライアル申し込み

PCからU-NEXTの無料トライアルを申し込みます。

以下のリンクからU-NEXTのページに飛んで、「まずは31日間無料体験」をクリックして、無料体験の申し込み画面に進んでいきます。「キャンセル(解約)はかんたん。」と明記されています。

→ U-NEXTの31日間無料体験を確認する

「次へ」をクリックすると、お客様情報の入力画面に進みます。

このとき登録したログインIDとパスワードを使用すれば、Fire TV StickでもU-NEXTを観ることができます。

Fire TV Stickのアプリダウンロード

無料トライアルを申し込んでアカウントが作成できたら、Fire TV StickでU-NEXTを観られるように設定します。

リモコンの音声ボタンを押して「ユーネクスト」と言えば、U-NEXTが出てきます。

暗い部屋で撮影したのでスマホのカメラの性能が悪くて色味がおかしいですが、Fire TV StickのU-NEXTのアプリを起動する画面です。

「開く」と書いてるところは、最初「ダウンロード」と表示されています。「ダウンロード」をリモコンでクリックするとU-NEXTのアプリがダウンロードされて、「開く」に変わります。

U-NEXTアプリの操作

写真を撮るのを忘れてしまったのですが、U-NEXTアプリを起動(開く)するとアカウントを選択する画面に遷移したと思います。

このとき、先ほどPCで登録した無料トライアルのログインIDとパスワードでアカウントを登録します。

その後はコンテンツを選択する画面に遷移するので、コンテンツを選んでください。

ユーザインタフェースが使いやすい

コンテンツを選びやすいユーザインタフェースになってます。とても良くできています。

Amazonプライム・ビデオだと選びにくいんですよね。PCだと普通に検索できてジャンルとかも指定できるんですけど、Fire TV Stickだとジャンル指定とかプライム見放題指定をして検索できないんです。外国映画を選ぶとタイトルが横一列の一覧で表示されて延々とスクロールしないといけないんです。全タイトルが表示されているのかも疑わしいですね。多分、表示されてません。日本人のこと細かでマニアックな検索方法は世界では珍しいんでしょうか(笑)。

U-NEXTだと見放題のみ、ポイントのみの選択もできるし、ジャンルも細かく分かれてます。公開順や人気順などのソートもできるので、とても使いやすいです。このあたりは日本企業だからこそ日本のユーザーが使いやすいようになってます。

コンテンツタイトルが写ってしまうので写真は撮っていません。

サラウンド設定

最初気づかなかったんですが、初期状態だとステレオになってます。

メニューの「設定・サポート」から「サラウンド設定」を選びます。

「ステレオ」と「ドルビーサラウンド」が選択できるので、サラウンドスピーカを持っている方は「ドルビーサラウンド」を選択します。

ちなみに設定・サポートの画像に「600ポイント」と書かれていますが、無料体験でも600ポイントを貰えます。有料の最新映画も600ポイント分まで無料で観れます。

U-NEXTのプロジェクター視聴

とりあえず適当な見放題コンテンツを観ました。

画質はいい

画質はいいですね。フルHDだと思います。フォーマット上は1080pですが本当にフルHDなのかは印象で判断するしかありません。

アスペクト比が16:9にカットされているものが多い印象です。Blu-rayだとシネマスコープの2:1とか2.35:1なんですが、U-NEXTは16:9にカットされているものが多い印象です。

これは意見が分かれますね。16:9だとスクリーン一杯に大きく写るので16:9のほうが好きな人もいると思います。オリジナルにこだわる方は不満かもしれません。個人的には最新作だったらオリジナルのアスペクト比で、見放題だったら大きく写る16:9がいいかな(笑)。

ドルビー対応しているけど

残念なのがドルビー対応しているコンテンツが極端に少ないことです。ドルビーで検索すると89タイトルしかありませんでした。(2018/12/17現在)

適当にコンテンツを再生してみたんですが、ドルビーの検索でヒットしたコンテンツ以外にドルビーで再生されたものはありませんでした。

ホームシアター向けとしては残念です。

テレビ視聴がターゲットなんでしょうか。最近はスマホで映画を観る人も多いので、サラウンドは重視されていないのかもしれません。

まとめ

以上、U-NEXTの無料トライアルに申し込んで、Fire TV StickでU-NEXTを観る方法と実際に視聴した感想を紹介しました。

U-NEXTはとても使いやすいユーザインタフェースだったので、その後のAmazonプライム・ビデオの操作が煩わしく感じてしまいました(笑)

ただAmazonプライム・ビデオはドルビーがほぼ標準なのに対して、U-NEXTはドルビー対応コンテンツが少ないのが残念です。

画質はどちらのサービスもフルHDで良いと思います。

U-NEXTは雑誌読み放題や男子が好むコンテンツなど他にないサービスを提供しているので、サラウンドを重視しない方であれば日本人受けするU-NEXTのほうがいいと思います。

→ U-NEXTの31日間無料体験を確認する

 

やはりドルビーサラウンドが必須と言う方はAmazonプライム・ビデオをおすすめします。

→ Amazonプライムビデオの30日間無料体験を確認する

Amazonプライム・ビデオの視聴については以下の記事を参考にしてください。

Fire TV Stickをホームシアターで使ってみた -動画配信の画像ずれが直った-
数日前にAmazonサイバーマンデーのセールでが激安で買えることを紹介しました。(セール自体は終了) もちろん、今回実際に買いましたよ。到着したをホームシアターに接続してプロジェクターの大画面で動画配信サービスを視聴しました。...

また、PCで検索してウォッチリストに登録すると使いやすいです。

Fire TV StickでAmazonプライム・ビデオが検索できないとき
前回の記事でU-NEXTのユーザインタフェースが使いやすいことを紹介しました。Fire TV Stickでも簡単に検索できます。 Fire TV StickでAmazonプライム・ビデオの映画を検索しようとすると、なかなか観た...

 

U-NEXTに関しては以下の記事でも紹介しています。

→ U-NEXTでダウンロードする方法 -スマホの通信量を抑える-

→ U-NEXTの解約方法 -解約しても購入分は配信される-

各社の動画配信サービスは以下の記事で比較しています。

動画配信サイトのサービス比較-DOLBY、フルHD、4K対応-
最近のテレビには普通に動画配信サービスを受ける機能がついており、動画配信サービスの認知度が高くなっています。 今までは画質に不安を感じていた方も、これだけ普及してくるとホームシアターに導入できるのかな?と思われているんじゃないでしょう...

コメント