銃2020【4/7 動画配信開始!レンタル配信も開始!DVD発売!ビジュアルシート+ミニフォトブック付き限定版あり!】

サスペンス

PR新規登録で500ポイントプレゼント!
(初めて/1年間未登録の方限定)
【5/24まで】3ヶ月間無料体験あり!

エントリーはこちら

今だけ3ヶ月無料体験はこちら

映画「銃2020」の作品情報や動画配信、4K-UHD・ブルーレイ(DVD)の情報を紹介します。原作やフィギュアなどの関連情報、シリーズ映画情報も。

銃2020

2.5

サスペンス

76分/日本
(公開年とジャンルのクリックで関連作品を表示)

監督:武正晴
出演:日南響子, 加藤雅也, 友近, 吹越満, 佐藤浩市, リリー・フランキー, 村上虹郎

あらすじ

昨日、私は拳銃を拾った。
全員がクレイジー!? 奥山和由×中村文則×武正晴の再タッグ作品

ドアがあるなら、開けてもいい。
でもどこまで開けるのかは、
少し考えた方がいい。

昨日、私は拳銃を拾った。こんなに奇麗で、不機嫌そうなものを、私は他に知らない。

深夜、東子(日南響子)は自分の後をつけてくる不穏なストーカー・富田(加藤雅也)から逃れるため、薄暗い雑居ビルに入る。
流れ続ける水の音が気になり、トイレに入ると辺りは血に染まり、洗面台の水の中に拳銃が落ちていた。拳銃を拾った東子は、電気が止められ、ゴミに溢れた部屋に一人戻る。 拳銃を確認すると、中には弾丸が四つ入っていた。

自分を毛嫌いし、死んだ弟を溺愛し続ける母・瑞穂(友近)を精神科に見舞った後、東子はこの銃が誰のものだったのかが気になり、再び雑居ビルに行く。そこで見かけた不審な男・和成(佐藤浩市)の後をつけるが、逆に東子は和成に捕まってしまう。

事件が不意に起きる。隣の住人の親子がある男を殺害する。
「早く撃ちたいよね。……これでいい?」
東子は埋めるのを手伝った後、その死体に向かって拳銃を撃つ。

だが拳銃の行方を探す刑事(吹越満)に、東子は追い詰められることになる。「また来る」刑事は去っていくが、何かがおかしい。銃そのものに魅了された東子はさらに事件の真相に巻き込まれ、自らもその渦の中に入っていこうとする。東子の「過去」が暴発する。そして――。

▷ 予告編を観る

映画『銃2020』予告編60秒 2020年7月10日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国ロードショー
2021/4/7に動画配信が開始!レンタル配信も開始!

動画配信

(価格や配信状況は2021/04/13時点の情報)
配信サービス価格画質/音声作品ページ
(ボタンをクリック)
Amazonプライムビデオ無料体験はこちら
Amazon無料体験
¥500HD ※1日本語
U-NEXT
U-NEXT無料体験
初回無料
¥399
HD日本語
iTunes(AppleTV)
iTunes(AppleTV)
¥509HD DOLBY日本語

注意:配信状況や価格などの情報は日々更新していますが、最新の配信状況や価格は各サービスのサイトでご確認ください。価格は画質や字幕版/吹替版などで異なる場合があります。画質や音声は字幕版/吹替版で異なる場合があります。
※1:Amazonプライムビデオは多くの作品でDOLBYまたはDOLBY ATMOSに対応しています。

U-NEXTだと無料体験で600ポイントプレゼント!
「銃2020」が無料で観れる!
U-NEXTの31日間無料体験のポイントで観る


最新配信タイトル

動画配信 新作リリース情報はこちら



Amazonプライムビデオで100円セール!

オススメの配信サービスを紹介!
各社配信サービスの特徴はこちら

4K UHD/ブルーレイ

2021/4/7にDVDが発売!

DVD

 

Amazonだと「ビジュアルシート+ミニフォトブック」付きの限定版があります!


4K-UHDタイトル一覧はこちら

ブルーレイ/DVD新作リリース情報はこちら


スタンプカードで500円クーポンプレゼント
【5/9まで】GWボーナススタンプ!
【6/15まで】「鬼滅の刃」無限列車編でスタンプ5個!


【5/9まで】ステイホーム応援!DVD Blu-ray特別セール!
ブルーレイ/DVDキャンペーン情報はこちら

関連情報

原作

2003年に出版された中村文則の小説「銃」が原作です。

【5/13まで】Kindle本50%OFF
5/13まで【50%OFF】Kindle本GWキャンペーン
Kindle本GWキャンペーンはこちら


無料マンガも続々!
Kindleマンガのセール・無料漫画はこちら

【期間限定】読み放題が2ヶ月299円!
初めての人限定(12ヶ月以上未契約の人も!)
Kindle Unlimitedの詳細記事はこちら

シリーズ情報

銃2020

2020年
本作品

他のシリーズ映画のタイトル一覧はこちら

コメント